理系学生・高校生応援イベント

日経ウーマノミクスプロジェクト

エントリーチームご紹介

<決勝進出校が決まりました。>

学生・大学院生チーム

動画を見る
<決勝進出>
【1】兵庫県立大学
チーム名<西はりま天文台天文学研究室>
天文学者を救え!~絶滅の危機に瀕した日本の研究者たち~
天文学者は将来、人工知能の時代が来ても失業する可能性が低いと言われております。しかし現在の日本では、天文学を志す大学生と大学院生、若手研究者は経済的な困難を抱えています。その原因としては、物理学が日本の社会にまだまだ浸透していないことが挙げられます。天文学者の絶滅を防ぐために我々が取り組んでいる教育普及活動を紹介します。

動画を見る
<決勝進出>
【2】大阪府立大学
チーム名<IRIS10期生>
国産エネルギー100%?!日本のエネルギー自給率向上プロジェクト
資源に乏しい日本はエネルギーの多くを海外からの化石燃料による火力発電に依存しており、エネルギーの価格が海外情勢に左右される、CO2排出量が多いという問題があります。そこで私たちの研究分野である「最適化」と「蓄電池」を用いた再生可能エネルギーの普及を通して、クリーンで安定的な社会の実現を目指します。

動画を見る
<決勝進出>
【3】岡山大学
チーム名<夢追いドクター>
医師としてのキャリア~私たちが学び続ける理由~
皆さんは医師のキャリアはどのようなものだと思いますか?医学部入学、6年間の学生生活、医師国家試験、研修医を経て専門医へ…決まりきったキャリアだと思っていませんか?医学の世界は太く、深く、貪欲に学びさえすれば様々なチャンスに巡り合うことができます。英国に7年間留学し生命医学を修了、そこでさらに医学の世界に魅了され医学部に編入した宇佐美佳耶と血液腫瘍内科医として多くの患者さんと向き合うも治療の限界を知り、医学研究を志す神原由依が、それぞれの医師としての歩み方を語ります。患者さんのために何が出来るだろう?私たちが学び続ける原動力になっています。

動画を見る
<決勝進出>
【4】神戸大学
<個人参加>
日本を災害から守る
近年、気候変動に伴う異常気象が増加し。豪雨災害、土砂災害被害が増加している。本報告では、豪雨・土砂災害を減らすため私が取り組んでいる砂防ダムの強度に関する研究と、それを実社会に活かし“防災国家日本”を確立させるための方策について検討する。


動画を見る
<決勝進出>
【5】徳島大学
チーム名<Bio CreaTeens>
生物資源から2つの夢を
生物資源を活用して人の役に立ちたいという2人の核となる夢から発展したそれぞれの大きな夢は、フレッシュな目線で見ることによって、日常に潜む病気の苦しみから解放することだけでなく、農業の衰退や飢餓、地球温暖化などの社会問題を解決することまでにも貢献することだ。

動画を見る
<決勝進出>
【6】大阪大学
<個人参加>
超高齢社会で私にできること
現在の日本は超高齢社会で、その高齢化率は上昇の一途を辿っており、40年後には高齢者の割合が約40%に達すると推測される。そのため高齢社会で起きうる問題は早急に取り組むべきであると考える。高齢社会で起きる問題として、労働力の不足や介護現場での人手不足などが挙げられるが、その中でも高齢者の健康を脅かすある問題に注目した。これまでの研究で培ってきた課題解決能力と今春から働く電子部品メーカーで身に着ける実践的な技術を総合して、その問題を解決する方法を提案する。

動画を見る
<決勝進出>
【7】京都大学
<個人参加>
宇宙から医療へ
宇宙物理学の研究「地球外生命体探索のためのインドネシアにおける望遠鏡装置開発」では、多様な自然現象がシンプルな式で表現できることと、複数の分野を融合させて根本の問題解決が図られることを学びました。これらを生かして、複雑な問題が絡み合っている医療の世界を多角的に分析し、様々な分野を繋ぎ、本質的問題の解決に取り組んでいきたいです。

動画を見る
<決勝進出>
【8】大阪市立大学
チーム名<OCU Science Girls>
異分野融合が作るカラーフィルム
大阪市立大学オープンキャンパス内のイベントである理系女子学生による進路相談会で出会い、今まで親睦を深めてきた二人が、それぞれの研究分野を通じて異分野融合をしました。今回、色を変化させる「カラーフィルム」によって、人の過ごしやすい環境を支えることを提案します。
高校生チーム

動画を見る
【1】奈良県立青翔高等学校
チーム名<探究科学生物班>
低カリウムのコマツナの水耕栽培方法
食塩水で低カリウムのコマツナを栽培し、腎臓病透析患者の食生活改善を目的として研究しています。

動画を見る
【2】大谷高等学校
チーム名<豊田組>
ヴァンデグラフ
様々な場所で発表し実際に体験してもらうことで、幅広い世代の方に楽しんでもらっています。

動画を見る
【3】奈良学園高等学校
チーム名<SS研究チーム ラン班>
校内ラン科サギソウ群落の動態調査と送粉者の研究
このランの研究は私達2名と男子4名の計6名で行っている。2014年から7年間の継続研究です。

動画を見る
<決勝進出>
【4】奈良県立奈良高等学校
チーム名<奈良高校 砂漠班>
砂漠での海水の淡水化
私達は、一般的に高額な設備が必要とされる海水の淡水化を、高校生ならではの方法で研究しました。

動画を見る
【5】大阪府立千里高等学校
チーム名<千里高校メレンゲ班>
メレンゲが消化剤に!?
タンパク質の気泡性とCNFの保水性を利用し水と泡の性質を持った消化剤を作った

動画を見る
【6】大谷高等学校
チーム名<ちょうじょーず>
水中の浮力の起源
私達は、先輩方の研究を引き継ぎ、より深く浮力の起源に迫っています。

動画を見る
【7】大阪信愛学院高等学校
チーム名<かまぼこ>
菌から身を守る
それぞれ性格の違う人が、唯一の共通点である元気さを全開にして精一杯取り組みます!

動画を見る
【8】育英西高等学校
チーム名<コップンカー>
海洋汚染について
先輩から受け継いだタイの社会問題について取り組み、中でも海洋汚染についての問題を探究するため活動中!

動画を見る
【9】大阪府立住吉高等学校
チーム名<FCS II>
ファンシーカラーサファイヤをつくろう
私たちは「青色以外のサファイア」をフラックス法を用いて、大きく鮮やかに合成する方法について研究しています。

動画を見る
<決勝進出>
【10】国立大学法人奈良女子大学附属中等教育学校
チーム名<奈良女5年化学班>
まだまだ現役コーヒー殻~水中の重金属イオン除去法の開発~
コーヒー殻を用いて水中の有害な重金属イオンを効率よく取り除く方法を研究中!安全な水の確保に貢献します。

動画を見る
<決勝進出>
【11】兵庫県立神戸高等学校
<個人参加>
竹が生ごみを減らす!?~竹パウダーを用いた有機物分解のプロセス
竹害が問題になる今、その竹を何か環境問題に役立てるのではないかと考え、ごみ処理をテーマに選びました。

動画を見る
<決勝進出>
【12】兵庫県立神戸高等学校
<個人参加>
高分子化合物による水質浄化
私はSDGsの考えに基づき身近なもので水質浄化できないかと考え、探求学習において高分子化合物による水質浄化について取りくみました。

動画を見る
<決勝進出>
【13】追手門学院大手前高等学校
<個人参加>
世界とつながるプログラミング教育
中学1年生から4年間ロボットプログラミングをしてきましたが、今回初めて自分の考える課題について解決するためのアプリケーションを作りました。

動画を見る
<決勝進出>
【14】追手門学院大手前高等学校
<個人参加>
SDGsを達成するロボットの開発・研究の4年間の軌跡
私は中1から、SDGsに関する4つロボットの研究・開発を行ってきました。今回は4年間の軌跡を発表します。

動画を見る
【15】大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
チーム名<海図なき航海>
Peace Project ~日米でつなぐ平和への議論~
アメリカの姉妹校と「平和」について議論しました。私たちと一緒に、どのように平和を伝えるべきか、考えてみませんか?

動画を見る
【16】京都市立西京高等学校
<個人参加>
最適な動きを探る方法〜競技カルタの手の動きを例に〜
アーカイブ視聴はこちら
大阪大学 岡山大学 京都大学 神戸大学
徳島大学 大阪市立大学 大阪府立大学 兵庫県立大学
関西大学 三洋化成工業株式会社 住友電気工業株式会社 東和薬品株式会社